喜一「淡麗 塩ラーメン」

喜多方市の喜一に行ってきました。今回のプチ遠征の一番目的のお店です。坂内食堂、一平と連食し、早々と開店1時間前に到着しましたが、既に待ちがf(^_^;)それもそう、福島県民ラーメン総選挙で「Sio(塩)」が2年連続1位、殿堂入りとなったお店なんです。平日でも1時間待ちは覚悟ですね。

店頭に名前を書く場所があるので記入し、車の中で待ちます。名前を書いた順番を覚えていた方がいいです。それにしても次々にお客さんが入ってきます。こんな人気店は山形の琴平荘以来です。

店主は会津若松でステーキ屋さんをやってたという経歴があります。ステーキ屋さんでラーメンを提供していたようです。店主の曽祖父の名前から「喜一」という店名になり、その曽祖父はあの野口英世と会津若松の病院で勉学に励み、寝起きを共にしていたらしいですね。

ちなみにお店前の駐車場は狭く、福島銀行喜多方支店の駐車場を利用できるようです。

開店前から待ち、席に着くまで1時間半以上かかりました。カウンターから見える庭が綺麗です。

メニュー

淡麗 塩ラーメン600円。

やはりここは塩をチョイス。本当は2杯食いでも良かったですが、まだ行きたいお店があったので断念。
所で麺ですが、かなりの多加水。吸い付いて弾くような弾力は1口目で虜。一瞬で麺がなくなるf(^_^;)中太麺。

スープ。やばいですよ、旨すぎです。これは驚き。約11年間で年間360杯以上食べてきた自分ですが、ここまで美味しい塩ラーメンは初めてです。鶏ガラがメインですが魚介も感じます。バランスが凄く良いです。会津山塩を使っていた時期もあったようですが、この塩ラーメンで良いです。これ以上はないと感じました。

チャーシューはバラ肉。歯がいらないほど柔らかく、味付けが控えめで肉の旨味を良く感じます。ぬかりがないのか、このお店は!

喜一

関連ランキング:ラーメン | 喜多方駅会津豊川駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。